読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理工系エリートのキャリア形成

中西宏明(なかにし ひろあき、1946年3月14日 - )は、日本の実業家。現在日立製作所の執行役社長を勤める。
神奈川県横浜市出身。1964年東京都立小山台高等学校卒業。1970年3月に東京大学工学部電気工学科を卒業し、同年4月に日立製作所に入社する。スタンフォード大学大学院でコンピュータエンジニアリング学修士課程を修了する。
1998年6月に日立のヨーロッパ法人のマネージングディレクトターとなる。2009年4月に代表執行役および執行役副社長となる、2010年6月から執行役社長。

こういう経歴をもっている人が、大企業の社長になるのか、
一度、外に飛び出てベンチャーの経営者になるのかどうかというのが
ポイントなのかな。
どんなITプロジェクトに関わって来た人なのか、できればそんな話が聞けたら
いいなと思います。
日経の記者とかにならないと無理か。
たまたま、Haloという海外で何百万本も売れたXboxのゲームの開発会社の
生い立ちを調べていたところだった。たしか、AlexSloperだったかな。
シカゴ大学で、コンピュータと数学を学部で勉強していて、
当時、シカゴ大学コンピュータサイエンスで学位をくれなかったから、
しょうがなく、数学のほうで学部卒業して、なんとなく企業就職に気乗りが
しなくて、Bungieという会社を立ち上げたと。AIを研究しているシカゴ大学
学生と創業したと。