読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間性について

人に頭を下げるのが嫌いな人間|和田秀樹オフィシャルブログ「テレビで言えないホントの話」

そんな私が、ぺこぺこするのが平気になれることが一つある

今、あるスポンサーに逃げられて、せっかく撮った映画がお金に困っている

私の尊敬する先生が足しになるからと少し出してくれた

妻がへそくりを出してくれて頭がまた上がらなくなった

今、金を出してくれる人には、土下座もするし、靴くらいならなめる

パチンコ屋が金を出すと言えば、おそらく批判はやめる

ヤクザだけはさすがに、今後のことを考えるだろうが、スポンサーは神様だ

逆に、金を出すと言って、払わないスポンサーと名乗る人間は一生恨み続けるだろうし、そのまま出さなければ、私の知る範囲の人間に全部、言いふらすことになるかもしれない

映画はそのくらい人間を変える

頭を下げるのが嫌いだから医者になったのだが、それがこれだけペコペコできるのだから怖い

三枝成彰さんも、それまでは作曲家の先生だったのが、オペラを始めて、金集めに回るようになってから、すごく腰が低くなって、品行方正になった(そうでないとスポンサーに逃げられるからだ)そうだ。

ものすごくわかる

プロモーションというものについて、ディープに考えるな。
スポンサー集めるってそういうものなんだな。
映画は、一種のメッセージの発信だろうから。
この先生は、これだけたくさんの著書を書いて、まだ発信したりないことが
あるということか。