読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

難系 問題の着想 「原子をみる」



(ア)陽子の周囲を電子がグルグルと等速円運動をしている。円運動が起きるための
   向心力の役割を果たしているのが、陽子と電子の間で作用しているクーロン力
(イ)何気ないけど、トリッキー。前問で立てた等式を変形するだけです。
   角速度と円運動が描く円の半径の積が、「速度」になると。
(ウ)クーロン力積分する。
(エ) (ア)の等式から運動エネルギーを変形して出す。さらに前問でもとめた
    位置エネルギーを足し合わせる。


(オ)これも今ひとつ、納得できないけど。
(カ)(エ)の式を小文字のrについて解く。
(キ)前問(カ)で出した小文字rの式で、Eの値が変化したときのrの変化を
   考察する。
(ク)角速度に関連して出した式を考察。rの値の変化で、角速度がどう変化するか
   考える。
(ケ)問題文の通りに式を立てて、解答欄にあうように、変形して終わり。

(コ)前問の等式を速度vについて解く。さらに、最初の問題で立てた円運動の方程式の
   半径に該当する変数にaを代入する。そしてaについて解く。
(サ)前問の半径の値を、電子のエネルギーの式に代入する。(ス)言葉を覚えよう。
(ス)プランク定数と振動数の積。(セ)は(サ)と同じ代入作業。
(ソ)ひっかかりやすい。波長を表現する変数が入るようにして、リュードベリ定数を
   出すようにしましょう。

続いて、ボーアの原子モデルが、いろいろな現象を説明するための効用を発揮することを、
X線の発生メカニズムを考察する問題で、学習する。

wikipedia:ヴィルヘルム・レントゲン


電位差がもつエネルギーが、プランク定数と振動数の積に等しいという
「光の粒子性」の式を使って、等式を立てる。
X線の問題はそれ一本。
あるエネルギー状態から、別のエネルギー状態へ以降するとき、
光を出すということなので、引き算した結果が、「プランク定数と振動数の積」
になるということを使い倒す。
(3)と(4)はうまい具合に説明するロジックが思いつかない。