読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラマンのジェフは事故で足を骨折し、車椅子生活を余儀なくされる。そんな彼にできる楽しみは、カメラの望遠レンズを使って裏窓から見る隣のアパートの住人達の人間模様の観察であった。
ある日、いつも口喧嘩が絶えなかった中年夫婦の妻が突如として姿を消す。セールスマンらしい夫の怪しい挙動を観察していたジェフは、数々の状況証拠から殺人事件と確信。恋人リザと共に調査に当たる。事件を認めない友人の刑事を納得させるため、確たる証拠を掴もうとする2人に危機が迫り……。

ウエスト・サイド物語』(ウエスト・サイドものがたり、 West Side Story)は、アーサー・ローレンツ脚本、レナード・バーンスタイン音楽、スティーヴン・ソンドハイム歌詞のブロードウェイ・ミュージカル。原案ジェローム・ロビンズ。1957年初演。『ウエストサイドストーリー』とも呼ばれる[1]。
シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』に着想し、当時のニューヨークの社会的背景を織り込みつつ、ポーランド系アメリカ人とプエルトリコ系アメリカ人との2つの異なる少年非行グループの抗争の犠牲となる若い男女の2日間の恋と死を描く。
1961年に映画化された(ウエスト・サイド物語 (映画) を参照)。


ニューヨークに住んでいるユダヤ教徒の人たちの中で起きている事件などが
出てくる。
主人公の元旦那は、映画館にビデオカメラをもってはいって、
秘密裏に録画した新作をビデオテープに落として、売りさばいている。
映画をさらにビデオカメラで録画するという手法に「ブレヒト的」な斬新さを
みた大学の映画研究者が、彼を引き立てて彼はめでたく映像関係の仕事に
ありつく。