読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bleedingEdge 26

すでにWTCは吹き飛んでおります。
改めて、当時のニュースの動画を見ていると、衝撃の大きさが
わかる。
さて、ピンチョンはこの事件をどうやって小説の題材に取り込んでいくのか。
ニューヨークの町が、ちょっとした戒厳令下的な雰囲気にあるような感じ。

そんな中でも登場人物たちは、コメディのテレビ番組を見ている。
そして笑い転げる。

sitcomの名称も再び登場。

小説なので、とあるバーや個人の部屋みたいなところで
酒をたしなむみたいなシーンもある。
出てくるお酒の銘柄を調査すると、そのお酒を作っているメーカの本社が
ロンドンにあって、第2次世界大戦の時に、ドイツ空軍の空軍の空襲で
醸造する場所が爆破されたみたいな事実が出てくる。
ここでGravityRainbowとつながる。

Tanqueray gin was initially distilled in 1830 by Charles Tanqueray in the Bloomsbury district of London. The retail outlet of Edward & Charles Tanqueray & Co was established on Vine Street, London in 1838. When Charles died in 1868, his son Charles Waugh Tanqueray inherited the distillery, which continued to operate until it was severely damaged during World War II. The only facility to survive the Axis bombing, now known as "Old Tom," has since been moved to Cameron Bridge, Scotland.

「老化」した3人の子供という「AKIRA」みたいなシーンもある。
Horace Mann
ちょっとわかりにくい状況でアメリカの教育改革の偉人が出てくる。
どうも、当時のドイツの教育制度に感銘をうけた人だったらしい。

American educators were fascinated by German educational trends. In 1818, John Griscom gave a favorable report of Prussian education. Beginning in 1830, English translations were made of French philosopher Victor Cousin's work, "Report on the State of Public Education in Prussia." Calvin E. Stowe, Henry Barnard, Horace Mann, George Bancroft and Joseph Cogswell all had a vigorous interest in German education. In 1843, Mann traveled to Germany to investigate how the educational process worked. Upon his return to the United States, he lobbied heavily to have the "Prussian model" adopted.
Mann persuaded his fellow modernizers, especially those in the Whig Party, to legislate tax-supported elementary public education in their states. Indeed, most northern states adopted one version or another of the system he established in Massachusetts, especially the program for "normal schools" to train professional teachers.[21] In 1852, Mann was instrumental in the decision to adopt the Prussian education system in Massachusetts. Soon New York state set up the same method in 12 different schools on a trial basis.

起源はバルカン半島北部を含む東欧とドイツである。スピーディーで激しいダンス音楽から、ゆったりしたテンポのバラードまでさまざまなスタイルがある。おおむねクラリネットとヴァイオリンが加わっているのが特徴となっている(音階は参照)。
ルーツとなった東欧やバルカン半島北部では16世紀ごろに生まれ、19世紀ごろよりアップ・ビート(テンポの速い)音楽スタイルとして確立。ヨーロッパでは現在に到るまで、ロマの音楽(いわゆるジプシーの音楽)として存在し、はっきりと区分けすることは不可能なうえ、同様な演奏スタイルのグループやバンドはフランスやスペインにも、さらにはイスラエルにも存在する。
米国では、19世紀後半からの東欧系ユダヤ人の移民と、第二次世界大戦前後に東欧やドイツを逃れたユダヤ人らが、婚礼などの儀式を通して継承、1920年代にはユダヤ系米国人の間でポピュラーな音楽となった(第一次ブーム)。
この系統の作品として『屋根の上のバイオリン弾き』(Fiddler on the Roof, 1971年作品)が有名である。そして1970年代の末、米国で若いミュージシャンの間に、ユダヤ人としてのルーツを見直す動きが起こった(リバイバルによる第二次ブーム)。


シンドラーのリスト』(英: Schindler's List)は、スティーヴン・スピルバーグ監督による1993年のアメリカ映画。日本での公開は1994年2月。配給はUIP。
第二次世界大戦時にナチスドイツによるユダヤ人の組織的大量虐殺(ホロコースト)が東欧のドイツ占領地で進む中、ドイツ人実業家オスカー・シンドラーが1100人以上ものポーランドユダヤ人を自身が経営する軍需工場に必要な生産力だという名目で絶滅収容所送りを阻止し、その命を救った実話を描く。ホロコーストに関する映画の代表的作品として知られる。