読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


キリスト教は紀元後、現在にいたるまで西欧文化と不可分の関係にあり、ことに教会から離れた民間習俗では往々にして聖俗の習合も起こってきた。
人文科学博士である小澤克彦によれば、ケルト人への宣教にあたり、ケルトのサウィン祭はアイルランドキリスト教会に影響を与え、カトリック教会も、民族の根幹にかかわる祭りは民衆から取り去ることはできなかったため、「諸聖人の祝日」の日を11月1日に変更したことで、その前夜祭がハロウィーンとして民衆に残されたと説明している[7]。
諸聖人の日は、もともと東方教会に由来するもので、カトリック教会では609年に導入され、当初は5月13日に祝われていたが、8世紀頃から英国やアイルランドでは11月1日にすべての聖人を記念するようになり、同時代のローマ教皇グレゴリウス3世(在位731年 - 741年)によって、11月1日に祝う習慣がローマ教会に広く導入された[3]。これがケルトのサウィン祭の影響、つまり諸聖人の日とサウィン祭を併合することでより盛大な祭りにしようという意図、あるいは反対に諸聖人の日の移動をもってサウィン祭の習俗を駆逐しようという意図などの指摘も一部にはあるが[誰?]、定かではない。
ハロウィンという名称である「諸聖人の日前夜」はこれ以後に用いられるようになったと考えられるが、現在確認されている使用例は、16世紀にみられるものが最古である[12]。
現代のキリスト教会では、ハロウィンの習俗がキリスト教的ではないとの認識ではおおむね一致しており、たとえばカトリック教会では前述のとおり「諸聖人の日」が祭日とされているがハロウィンは無視されており[※ 3]、聖公会も同様で[※ 8]、プロテスタントも含めハロウィンに対する態度は、さまざまである。


In each episode, Bob and his group help with renovations, construction, and repairs and with other projects as needed. The show emphasizes conflict resolution, co-operation, socialization and various learning skills. Bob's catchphrase is "Can we fix it?", to which the other characters respond with "Yes we can!" This phrase is also the title of the show's theme song, which was a million-selling number one hit in the UK.

ハリー・ポッターシリーズ』(英: Harry Potter Series)は、イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学、ファンタジー小説。1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの学校生活や、ハリーの両親を殺害した張本人でもある強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの、因縁と戦いを描いた物語。1巻で1年が経過する。
第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』がロンドンのブルームズベリー出版社から1997年に刊行されると、全く無名の新人による初作であるにもかかわらず、瞬く間に世界的ベストセラーになった。子供のみならず多数の大人にも愛読され、児童文学の枠を越えた人気作品として世界的な社会現象となった。2001年から8本のシリーズで公開された映画(2011年完結)も大きなヒットを記録。当初から全7巻の構想であり、最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の原書が2007年7月21日に発売され、完結した。
2010年6月には、フロリダのユニバーサル・オーランド・リゾートに、映画版のセットを模したテーマパーク:ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(The Wizarding World of Harry Potter)が開園した。



Shrek! is a picture book written and illustrated in 1990 by William Steig about a young ogre who finds the ogre of his dreams when he leaves home to see the world.[2] The name "Shrek" is derived from the German Schreck (Yiddish שרעק) meaning "fear" or "fright." The book served as the basis for the popular Shrek film series over a decade after its publication.

Creator Stephen Hillenburg first became fascinated with the ocean as a child. Also at a young age, he began developing his artistic abilities. However, these two interests would not coincide for a long time―the idea of drawing fish seemed boring to him. During college, he majored in marine biology and minored in art. He planned to return to college eventually to pursue a master's degree in art. After graduating in 1984, he joined the Ocean Institute, an organization in Dana Point, California, dedicated to educating the public about marine science and maritime history.[4][5]
While he was there, he initially had the idea that would lead to the creation of SpongeBob SquarePants: a comic book titled "The Intertidal Zone," which was used by the institute to teach visiting students about the animal life of tide pools.[5] The comic starred various anthropomorphic sea lifeforms, many of which would evolve into SpongeBob SquarePants characters.[6] The comic's main character was "Bob the Sponge" who, unlike SpongeBob, resembled an actual sea sponge, rather than a kitchen sponge.[7] Hillenburg tried to get the comic professionally published, but none of the companies to which he sent it were interested.[5]
In 1987, Hillenburg left the institute to pursue his dream of becoming an animator,[6][7] and began envisioning the idea for a project that would involve a cast of anthropomorphic sea life. Although he drew several rough sketches of the concept, it would be close to a decade before his