読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bleeding Edge 34


christmasとの絡みで登場する。
伝統行事とハイテクの融合でもしたかったのかな。

キッパー、キッパ(כִּפָּה, kippa、kippah, 複数形:כִּפּוֹת kippôth)とは、ユダヤ教の民族衣装の一種。男性がかぶる帽子のようなもの。イディッシュ語でヤルムルケ (yarmulke)、ヤームルカ (yarmulkas) ともいう。これはポーランド語ヤルムルカ (jarmulka) に由来する。ケップル、ケッペル(kepl)、カップル(capple)ともいう。スカルキャップ(skullcap)という「頭蓋」類の帽子に分類され、キリスト教徒のカロッタやイスラム教徒のターキーヤ(Taqiyah)に似ている。
小さな皿状の形をしており、頭の片隅に乗せるようにしてかぶる(位置はどこでも良いが、小さなものは、ピンで留めるようにしてかぶる)。
シナゴーグなどユダヤ教の聖所に入る時には、原則として男子はキッパーを被ることとされる。


第二次世界大戦勃発後の1940年、フランスはナチス・ドイツの侵攻を受けて敗退、パリをはじめフランス全土の北半分は占領地となった。
ジャベル河岸のシトロエン社も占領軍の管理下に置かれたが、経営責任者の座に留まったピエール・ブーランジェは公然とサボタージュを指揮し、占領軍向けのトラック生産を遅滞させたり、時には故意に欠陥車を送り出すなどして損害を与えるよう努めた。このようなレジスタンス運動によりブラックリストに載せられながら、ブーランジェは1944年のフランス解放まで巧みに生き延びた。
この際、開発途上だったTPVをナチスの手に渡さないため、ブーランジェの命令によってTPVプロジェクトの抹消が図られた。戦争で実現しなかった1939年のモーターショーのために準備された250台の試作車は1台を残して破壊され、また一部は工場などの壁に塗り込められ、あるいは地中に埋められた。これらは1990年代以降最終的に合計5台が発見されている。ナチスとブーランジェ、双方の目を逃れて破壊や埋設を免れた少数は、ボディを改造して小型トラックに偽装された。前述の台数と重複していると思われるが、後の2000年にミシュラン工場改築の際、レンガの壁を壊したところ中から新たに3台が発見されている。
独自の研究開発が禁じられた困難な状況下ではあったが、ルフェーヴルら技術者たちは、ナチス側の監視をかいくぐって、終戦後に世に送り出されるべきTPVの開発を進行させた。
だがシトロエン社内部での検討によって、コスト過大からTPVにアルミニウムを多用することは困難であるという結論が出された。やむなくTPVの多くのパーツは普通鋼に置き換えられることになった。
1944年の連合国勝利に伴うフランス解放によってTPVの本格的な開発作業が再開された。

あちらこちらに、GravityRainbowなどを暗示する隠しアイテムが仕掛けてある。

wikipedia:アラビアのロレンス