読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァインランド その2


「ジャズ界における最も素晴らしいクラリネット奏者」の一人と広く見なされ、アメリカの1930〜40年代のポピュラーなビッグバンドのリーダーとして君臨した。1938年、コール・ポーター作曲の「ビギン・ザ・ビギン(Begin the Beguine)」を編曲、RCAレコードからのリリース盤は大いに成功したシングルとして、この時代を代表する録音であった。