読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


ジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)は、アメリカ合衆国のロック・バンド。のちジェファーソン・スターシップ(Jefferson Starship)に改名し、スターシップ(Starship)などへ派生する。
メンバーの離脱、再加入、ポール・カントナー(en)のソロ・プロジェクト、名称変更と再編成、80年代に起きた「ジェファーソン」名義継承権訴訟をへて、現在ではミッキー・トーマスが結成したスターシップ(Starship featuring Mickey Thomas)と、ポール・カントナーが再結成したジェファーソン・スターシップ(Jefferson Starship - The Next Generation)という似通った名の二つバンドが並立して存在している。前者は、エアプレインとは分立したバンドとして認識されている。
ジェファーソン・エアプレインは1960年代後半のサンフランシスコのサイケデリック文化を代表するバンドであり、1996年にロックの殿堂入りを果たした。

ロサンゼルスのUCLA映画科の学生であったモリスンとマンザレクがグループを結成する。1965年にマンザレクに出会ったモリスンは、自作の詩と歌を聴かせた。マンザレクは既に兄と共にリック・アンド・ザ・レイヴンズというバンドで活動し、一方で元々フラメンコギタリストだったクリーガーとジャズドラマーだったデンスモアはザ・サイケデリック・レンジャースというバンドで活動中で、マンザレクは彼らとメディテーション・センターに於いて知り合いであった。モリスンの曲や詩に惹かれたマンザレクは、兄のリックとデンスモアに声をかけデモ・レコードを録音する。リックは、すぐにグループを離れ3人に、クリーガーと女性ベーシストを加えたグループは、ロサンゼルスのロンドン・フォッグやウィスキー・ア・ゴー・ゴーなどでステージ活動を行う。
バンドは、オルダス・ハックスレーが18世紀の詩人ウィリアム・ブレークの詩の一節から取った書のタイトル『知覚の扉』を元に、ドアーズという名を付けた。
もし知覚の扉が浄化されるならば、全ての物は人間にとってありのままに現れ、無限に見える。
If the doors of perception were cleansed, everything would appear to man as it truly is, infinite.

出てくる登場人物(DLという女性忍者)が
どういういきさつかよめなかったが東京にいく。
山手線が混雑しているとか。
焼き鳥がどうのこうのと出てくる。
この作品の中で、日本、というか東京の存在感は大きい。