読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞台がころころかわっている。

エジプトと、アメリカか?

また、整形外科をやっている医者が登場したりする。

あまりのこらないのかな。

何かを書こうとする場合。
そして、書いたものが、どこかしらの分野において
「知見を前に前進させた」と評価を受けたいと思ったら、
書くものの内容は、その射程範囲をなるべく狭くとったほうが
僕はいいと思う。
読書猿クラシックで、「業界が、数人でしか構成されていないような分野で
論文を書いたら博士論文だ」みたいなことが書かれていたような気がする。
「新規性」の要件を満たすpaperを書こうと思ったら定石だろう。
わかっちゃいるけど、その反動で、あまりにも広い分野を取り上げるものを
読むと、その「気宇壮大さ」にまいってしまうことがある。
M&Dでは、測量を専門とする二人。一人は天文学、一人は地形の測量だったかな。
エジプトはナイルの賜物だったかな。
農業を円滑に営むために、天体の運動を観測して、その観測データから
気象の予測をするといったような試みが盛んだったとか。たしかそんなことを
聴いた。
とすると、ここで、VとM&Dは、内容の面で、微妙なつながり具合を見せていく。

主著『アルマゲスト』で、地球が宇宙の中心にあり、太陽やその他の惑星が地球の周りを回るという天動説を唱えた。ただし、天動説などはプトレマイオスが初めて唱えたわけではなく、『アルマゲスト』の内容は、アリストテレスヒッパルコスなど、それ以前の古代ギリシア天文学の集大成である。幾何学におけるエウクレイデスの『原論』のように、『アルマゲスト』はそれまでの天文学を数学的に体系付け、実用的な計算法を整理したことで、何世紀もの間天文学の標準的な教科書としての地位を得た。この中で当時火星の運行などで見られた逆行を惑星が「周転円」という小さな円を描きながら地球の周りを回転することによって起こると説明し、これによって天動説の地位を守った。天体観測の方法や天体の軌道計算、太陽までの距離やその大きさといったあらゆる知識をひとつにまとめたことが天文学におけるプトレマイオスの業績である。
なお、『アルマゲスト』の本来の書名はギリシャ語で『Μαθηματικὴ Σύνταξις』(Mathematike Syntaxis、Mathematical Treatise、数学全書)である。通称として『Ἡ Μεγάλη Σύνταξις』(He Megale Syntaxis、The Great Treatise、大全書)が用いられており、アラビア語に翻訳された際に付いた定冠詞Alが、ラテン語に再翻訳されたときにもそのまま残り、Syntaxis(Treatise)が省略されて『Almagest』(The-greatest、最大)になった。このことからもわかるように、『アルマゲスト』は当時は数学書として扱われており、球面幾何学など最先端の数学的な内容を含んでいた。

『教育』は、アダムズの行動というよりも、むしろ彼の内省の記録といった性格を持っている。これは、彼の生涯を通して起きた社会的、技術革新的、政治的、そして知的な変化についての拡大的な覚書といってもいいようなものである。アダムズは、伝統的な教育は自分がこのような急激に変動していく社会に対処していくのに役立たなかったと結論づけている。そのため、彼は自ら自己教育するしかなかったのである。この本の大筋の流れは、いかにして「まっとうな」と考えられていた教育と彼の青春時代の思惑が時間の浪費になってしまったか、そして彼の経験、友情、そして読書による自己教育の探究に充てられている。

アダムズは、20世紀がそれまで以上に爆発的な変化をもたらすだろうと正確に予言している。彼は、古典、歴史と文学に基礎をおいた彼の正規の教育が、たとえそれが当時の流行であったにせよ、1890年代、1900年代の科学の爆発的進歩を捉えるのに必要な科学的、数学的知識を与えてくれなかったと、繰り返し嘆いている。

1909年以来パレスチナキブツ(集団農場)などユダヤ人定住地にはショメールなどが自警団として存在していた。1920年になると第三次アリアでユダヤ人移民が増えた為に脅威を感じたアラブ人が暴動を起した。それを受けて、同年6月にショメルは解散して統括的軍事組織ハガナーに編成された。
第一次世界大戦に歴史的シリア南部地方が国際連盟のイギリス委任統治領パレスチナとなると、ハガナーの一部特別野戦隊はイギリス軍の訓練を受た。目的は治安部隊としてのものだった。

The Meuse-Argonne Offensive, also known as the Maas-Argonne Offensive and the Battle of the Argonne Forest, was a part of the final Allied offensive of World War I that stretched along the entire Western Front. It was fought from September 26, 1918, until the Armistice on November 11, a total of 47 days. The battle was the largest in United States military history, involving 1.2 million American soldiers, and was one of a series of Allied attacks known as the Hundred Days Offensive, which brought the war to an end. The Meuse-Argonne was the principal engagement of the American Expeditionary Forces during the First World War.

ファショダ事件(ファショダじけん)は、1898年、アフリカ大陸の植民地化(アフリカ分割)を競う、イギリスの大陸縦貫政策とフランスの大陸横貫政策が衝突した事件である。この事件を契機として、英仏は接近することとなった。
イギリスは1815年、早くもアフリカ最南端のケープ植民地を領有して、その支配地を北に拡大し始めた。その後、1875年にはスエズ運河を確保し1882年にエジプトを事実上の保護国化した後、ナイル川に沿って南下し始めた。1885年、エジプト統治下のスーダンでマフディー教徒が蜂起し、スーダンを完全に支配下に置いたため10年間ほどイギリスの南下政策は停滞した(マフディー戦争)。しかしその後、イギリスは2万5千の大軍を動員し、鉄道を敷きながら南下し、マフディー教国を破ってスーダンを支配下に置いた。このとき、イギリス軍の先遣隊が、さらに南のファショダ村(英語版)(現南スーダン上ナイル州)にフランス国旗が掲げられていることを発見し、急遽、軍を派遣した。
フランスは1830年アルジェリアに進出して以来、1881年にはチュニジアを、次いでセネガル、マリ、ニジェール、チャドのサハラ砂漠一帯を領有した。また、紅海沿岸のジブチ(仏領ソマリランド)を領有し、東部アフリカに橋頭保を築いた。
英領であるカイロとケープタウンを結ぶ直線と、仏領であるダカールセネガル)とジブチを結ぶ直線は、スーダンのファショダ付近で交差する。このようにファショダは両国のアフリカ戦略上きわめて重要な地点に位置していた。
フランスはサヘル地域からさらに東部への進出を図って、マルシャン大尉率いる200名の武装探検隊を送った。一行はブラザビル(コンゴ)から蒸気船でウバンギ川を遡上し、ジャングルと砂漠地帯を横断し、1898年7月10日、ナイル河畔のファショダ村に到着した。
他方、キッチナー率いるイギリス軍の船隊はナイル川を南下して同年9月18日にファショダに到着した。
ファショダで遭遇したイギリス軍とフランス軍はあわや衝突かと思われた。しかし両軍の司令官(キッチナーとマルシャン)の会見で、事態の処理を本国にゆだねることになった。
フランスの外相テオフィル・デルカッセはこの場面でイギリスとの軍事衝突を選ぶことは得策ではないと考えた。当時急速に勢力を拡大していたドイツとの衝突に備えてイギリスとの関係を悪化させることは避けるべきであったし、また、ドレフュス事件をはじめとする不祥事で当時のフランスの軍部は国民の信頼を失っており、遠くスーダンで戦争を遂行することは世論の賛同を得られないと思われたからである。結局、フランス軍が譲歩し、翌1899年ファショダから撤退した。
本事件は帝国主義の時代において英仏両国の関係が最も緊張した出来事であり、本事件以後、英仏関係は融和に向かうことになる。先述のとおりドイツ帝国の勢力拡大に直面した両国は、1904年、英仏協商を結んだ。その協商で、フランスはエジプト・スーダンでのイギリスの優越権を、イギリスはモロッコにおけるフランスの優越権をそれぞれ認めることで決着をみたのである。 その後、第一次世界大戦でイギリスが、敗北したドイツからドイツ領東アフリカタンガニーカ)を獲得したため、イギリスの大陸縦貫政策は完遂した。ファショダ事件でスーダンから撤退したため、フランスの横貫政策は成らなかったが、フランスはアフリカ大陸の西半分の広大な地とマダガスカルを領有し、事実上アフリカ大陸をイギリスと2分割したも同然であった。

Gaspare Tagliacozzi (1545-99)

Gaspare Tagliacozzi was an Italian surgeon based at the University of Bologna, one of the great medical centres of the 1500s. Tagliacozzi became famous for his skill in reconstructive surgery, and especially for the ‘Italian method’ of rhinoplasty, which differed from the ‘Indian method’ that was employed by surgeons such as Susrata.

Tagliacozzi improved the reconstructive surgery methods that had been developed in Italy in the 1400s and 1500s to repair noses which had been amputated, usually in war. The ‘Italian method’ took skin from the arm, using specially designed instruments to make the correct shape. Then the flap of skin from the arm, called a pedicle, was attached to the nose. The patient's arm was bandaged in the raised position for about 20 days or until the skin of the arm had attached itself to the nose. The pedicle was then severed from the arm and after 14 days the attached skin was shaped so that it resembled the nose.

Tagliacozzi did not confine his expertise to rhinoplasty. He also wrote a book detailing reconstructive surgery procedures for lips and ears.