読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまりのV その4

どうやら、舞台はフィレンツェらしい。

そういえば、途中で放り出しているけど、ダンブラウン最新作のInfernoもたしか
フィレンツェが舞台でした。

創作をする上で、王道のコンテンツというものがあるわけで。
いわゆる「定石」。
ピンチョンもこれにならって出世作を作ったのだと。

なんか、耳慣れない登場人物が増えてきて、分けわからなくなっています。

ベネズエラの大使館とか。

あれだな。
ページごとに、自分が読み取れた範囲で要点をかいつまんでいくようにしないと、
何を吸収しているのかわからなくなる。

マキアベリ サボナローラ メディチ

ルネサンスイタリアの王道。

islamの話題もいろいろと多く取り上げている。
ここがBleedingEdge的な世界とつながってくる。

67/178 - Mahdists
Islamic followers of Muhammed Ahmad, or "Al-Mahdi", a late 19th century religious & theocratic leader in Sudan. Ahmad organized local tribes in an attempt to create an Islamic state in Sudan, & eventually the world. The British organized an opposition & eventually crushed the movement at the battle of Omdurman in 1898.

ジュゼッペ・ガリバルディ(イタリア語: Giuseppe Garibaldi, 1807年7月4日 - 1882年6月2日)は、イタリア統一運動を推進し、イタリア王国成立に貢献した軍事家である。イタリア統一を進めるため、多くの軍事行動を個人的に率いた。ヨーロッパと南米での功績から「二つの世界の英雄」とも呼ばれ[1]、カヴール、マッツィーニと並ぶ「イタリア統一の三傑」の一人とされる。
1860年、千人隊(赤シャツ隊)を組織してシチリアの反乱を援助し両シチリア王国を滅ぼした。その後、征服地をサルデーニャヴィットーリオ・エマヌエーレ2世に献上してイタリア統一に大きく貢献した。その後は政治家となることなく、余生をカプレーラ島で送った。