読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドゥーゼの伝記作家F. Winwarは、ドゥーゼはほとんど化粧をしなかったが「道徳的な装いをまとっていた。言い換えれば、自分の性格に潜む内的な衝動や悲しみや喜びが、自分の体を表現のための媒体として用いるがままにさせておき、それはしばしば彼女自身の健康を損なうほどであった」。
感情を伝達するために既成の表現法を用いていたそれまでの俳優に対して、ドゥーゼは先駆者として新しい表現を生み出した。彼女が「自己の滅却」と呼んでいた技法で、自分の描き出そうとする登場人物の内面に心を通じ合わせ、表現を自ずから湧き起こらせるというものである。
その経歴を通じて、ドゥーゼは若い俳優や女優を援助したことで広く知られ、尊敬をかちえるようになった。ドゥーゼから影響を受けたと自認する様々なすぐれた芸術家の中には、モダン・ダンスの先駆者マーサ・グレアムやイマジズムの詩人エイミー・ローウェルなどがいる。1923年7月30日、ドゥーゼは女性としては初めて『タイム』誌の表紙を飾った。
彼女は1909年に一度引退しているが、1921年にはアメリカとヨーロッパで契約を結んで舞台に復帰している[1]。
ドゥーゼはアメリカツアー中に、ペンシルベニア州ピッツバーグ、ホテル・シェンリーのスイートルーム524号室で65歳にして死去した。ホテル・シェンリーは現在ピッツバーグ大学のウィリアム・ピット・ユニオン(学生会館)になっている。

クレオ・ド・メロード(Cléo de Mérode、1875年9月27日 - 1966年10月17日)は、フランスのバレリーナである。その美貌で名高く、ベルギー王レオポルド2世や画家グスタフ・クリムトとの交流などで知られている。

食事会の場面
ヘッドウィグの化粧をモーさんが助ける。
モーさんがヘッドウィッグを襲う。
モーさんとワイズマンの会話
Dies irae
ごドルフィン登場。
ミラノの商人死ぬ。

モーさんの父の話。
モーさん、覗き穴をつくる。

ドイツ革命(ドイツかくめい、独: Novemberrevolution, 英: German Revolution of 1918–19)は、第一次世界大戦末期に、1918年11月3日のキール軍港の水兵の反乱に端を発した大衆的蜂起と、その帰結としてカイザーが廃位され、ドイツ帝国が打倒された革命である。ドイツでは11月革命とも言う。
これにより、第一次世界大戦は終結し、ドイツでは議会制民主主義を旨とするヴァイマル共和国が樹立された。

女装した軍人が登場する。
Trekの中。
しばらく、いろいろな登場人物の虐殺シーン。
少年少女。
タマネギを掘る女性が、いきなり射殺。
モーさんとヘッドウィグが情事に入る。
ワイズマン フォップル ベラが登場。
ドイツのアフリカ植民地の様子。
逃亡原住民をあざむいて、強制労働に駆り立てる。
現地の未婚女性を奴隷的に使役する様子。
サラ登場。
サラと再会。
男色の隣人がサラにちょっかいを出す。
サラ逃亡。後、遺体として発見。
ヘッドウィグとモーさん。
ヘッドウィグ消える。
戦争が始まる。
楽団の演奏が始まる。
ワインが、屋根からこぼれ落ちる。
飛行機の描写。射撃シーンもあり。
ワイズマンがモーさんを起こす。
暗号の話。3つとびのアルファベットを取り出す。
モーさんの正式名称の並び替えになっている。
ベラと服装の交換をする。
スフィアの場面。
Cubism

20世紀初頭にパブロ・ピカソジョルジュ・ブラックによって創始され、多くの追随者を生んだ現代美術の大きな動向である。それまでの具象絵画が一つの視点に基づいて描かれていたのに対し、いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に収め、ルネサンス以来の一点透視図法を否定した。

Surrealism

現実を無視した世界を絵画や文学で描く芸術運動で、まるで夢の中を覘いているような独特の現実感と評される。略語の「シュール」は日本語では「非現実的」「現実離れ」の意味によく使われる。
シュルレアリスムは、思想的にはジークムント・フロイト精神分析の強い影響下に、視覚的にはジョルジョ・デ・キリコの形而上絵画作品の影響下にあり、個人の意識よりも、無意識や集団の意識、夢、偶然などを重視した。このことは、シュルレアリスムで取られるオートマティスム(自動筆記)やデペイズマン、コラージュなど偶然性を利用し主観を排除した技法や手法と、深い関係にあると考えられることが多い。

Fauve

1905年にパリで開催された展覧会サロン・ドートンヌに出品された一群の作品の、原色を多用した強烈な色彩と、激しいタッチを見た批評家ルイ・ボークセル(仏: Louis Vauxcelles、英: Louis Vauxcelles)が「あたかも野獣の檻(フォーヴ、fauverie)の中にいるようだ」と評したことから命名された。
象徴主義の画家で、当時エコール・デ・ボザール(官立美術学校)の教授をしていたギュスターヴ・モローフォーヴィスムの画家達の指導者であった。彼が弟子達に主張したのは、形式の枠組みの外で物事を考え、その考えに従うことであった。主な弟子達は、この運動の中心人物であるアンリ・マティス、アンドレ・ドラン達であった。
フォーヴィスムキュビズムのように理知的ではなく、感覚を重視し、色彩はデッサンや構図に従属するものではなく、芸術家の主観的な感覚を表現するための道具として、自由に使われるべきであるとする。ルネサンス以降の伝統である写実主義とは決別し、目に映る色彩ではなく、心が感じる色彩を表現した。世紀末芸術に見られる陰鬱な暗い作風とは対照的に、明るい強烈な色彩でのびのびとした雰囲気を創造した。

パリのオランジュリー美術館の2部屋を占める『睡蓮』の大壁画は、1918年、モネの友人でもあったジョルジュ・クレマンソー(首相経験者)を通じて、モネが国家に寄付を申し出たものである。この『睡蓮』の展示にあたっては(1)『睡蓮』の部屋には他の作品を展示しない、(2)作品と観客との間に仕切りやガラスなどを設置しない、などモネ自身によって厳しい条件が付けられている。モネが1923年にしぶしぶ白内障の手術を受けたのは、この大作を完成させるためだったという。作品の出来に満足していなかったモネは一時は国家への寄贈を取りやめようとさえ思ったが、クレマンソーはモネに対し「あなたのために国家は多額の出費をした。あなたには寄贈を取りやめるという選択肢はない」との書簡を送った。モネは死の直前までこの大作に筆を入れ続けた。そして「作品の展示は自分の死後にしてもらう」という条件だけは断固として貫いたのである。モネは1926年12月5日、86年の生涯を閉じ、『睡蓮』の大壁画は翌1927年、正式にフランス国家に寄贈された。

スラブ エステル登場。
スラブはチーズデニッシュという菓子パンに執着している。
スラブはベッドに入る。
エステルはその場から立ち去る。
ルーニーとレイチェルの場面。
プロファンは「実存的警察官」という本を読んでいる。そして
夜警の仕事をしている。

失われた世代
第一次世界大戦の敗者であるドイツや戦勝国であっても大きな痛手を受けたフランスなどとは異なり、勝利者である英米にとって、第一次世界大戦の惨事は進歩主義への信仰を決定的に揺るがすことはなかった。しかし、スペイン内戦に参加するなどヨーロッパの情勢に積極的にコミットしたアーネスト・ヘミングウェイを代表とする一群のアメリカ知識人もまた、自らを失われた世代と見なした。日本では当時、文学者として国際的な評価も受けていた芥川龍之介第一次大戦後に「ぼんやりとした不安」という言葉を残して自殺している。

実存主義」の名称は元々は第二次大戦後、治安、政情の不安定であったパリで、職に就かず、その日暮らしをしながらカフェやナイトクラブにたむろする若者を指して使われていた。人生に目的を持たず不条理にただそこに現実存在している状態を批判する呼び方であり、いうなれば蔑称であった。実存主義を自ら名乗った哲学者サルトルも、初期はこの名称で呼ばれることを嫌っていた。

Shroud
shockという2体のロボット模型を眺めている。
ルーニーとピッグがパオラをめぐってけんかをしている。
マフィアは、プロファンにもとめる。
dog day
electricity computer music
再びプロファン。
先ほど、登場した人体模型ロボットみたいなものに
ナチスの悪行について語りかける。

ヨーゼフ・メンゲレ(Josef Mengele, 1911年3月16日 - 1979年2月7日)はドイツの医師、ナチス親衛隊 (SS) 将校。
第二次世界大戦中にアウシュヴィッツで勤務。収容所の囚人を用いて人体実験を繰り返し行った。実験の対象者や、直ちにガス室へ送るべき者を選別する際にはナチス親衛隊の制服と白手袋を着用し、クラシックの指揮者さながらに作業にあたったと伝えられ、彼の姿を見た人々からは「死の天使」と恐れられた。人種淘汰、人種改良、人種の純潔、アーリア化を唱えるナチス人種理論の信奉者。愛称のベッポ (Beppo) はJosefのイタリア語読み「ジュゼッペ」(Giuseppe) に由来する。
戦後は南アメリカで逃亡生活を送り、ブラジルで海水浴中に心臓発作を起こし死亡した。