読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロフェインが刑務所に入っている。
Stencil 100ドルを失う。
Robin

フェニキア・ホテルにステンシルとプロフェインが滞在。

ステンシル Vの歴史を描く。

Cassar Maijistral

Gothic
Church
Valleta Knight
ステンシル 書き物をする

プロフェイン 風邪をひく 身支度をして、求職活動。

brenda 詩歌を書く。
すべての光が消えたValleta
プロフェインとPaolaが駆け抜ける。
 Epilogue
1919 V
メフメット
雨が降る。
ステンシル傘を開く。
Armistice 休戦。
第一次大戦か?

船 Peri
lantern
ステンシル 年齢60
Mara 女魔法使い(魔女)
Pupil of love need be beautiful
She pleased Sultan
Turk おそらくオスマントルコ帝国。

オスマン帝国が拡大する過程で、従来の騎射を主戦術とするトルコ系軽騎兵の軍事力に頼らない君主の直属兵力として創設された。創設時期については諸説あるが、14世紀後半のムラト1世の治世とするのがもっとも知られる説である。
当初はキリスト教徒の戦争捕虜からなる奴隷軍であったが、15世紀にキリスト教徒の子弟から優秀な青少年を徴集し、イスラーム教に改宗させてイェニチェリなどに採用するデヴシルメ制度が考案され、定期的な人材供給が行われるようになる。
イェニチェリは長官であるイェニチェリ・アアス(Yeniçeri Ağası)以下部隊ごとに分かれて強い規律を持ち、16世紀までのオスマン帝国の軍事的拡大に大いに貢献した。同じ頃にヨーロッパで銃が普及し始めるといち早くこれを取り入れ、組織的に運用したことも大きい。

たしか、Against the dayで登場した。

Poem
ステンシル
英国人と現地の囚人に不平等がある様子。
ステンシル 地図をみて、Maltaをうろうろする。
ステンシルとPapaの問答。
Demivolt
Cafe フェニキア
雑誌 Punch

特筆すべき寄稿者として、ジョン・ベチェマン、A・P・ハーバート、A・A・ミルン、アンソニー・パウエル、ウィラード・R・エスピー、W・C・セラーとR・J・イェートマン、サッカレー、アルテムス・ウォード、P・Gウッドハウスがいる。ジョン・テニエルは19世紀後半の常連寄稿者で、健康上の理由による数回の休載を除いては、50年間にわたり毎週1ページ全体を使った政治漫画を連載していた。『パンチ』は玉石混淆ながら、英語に幾つかの新たな語彙を付け加えた。 “the Diary of a Nobody'”や“1066 and All That”のような幾つかのイギリスユーモア小説の古典は、最初に『パンチ』で連載された。
雑誌『パンチ』は創刊から150年後の1992年、発行部数の減少により廃刊を余儀なくされた。1996年前半に、実業家モハメド・アル=ファイドが『パンチ』の誌名を買収し、同年の終わりに出版を再開した。この新雑誌は利益を生み出せず、2002年5月刊行停止が発表された。その時の報道記録によれば、6年間の出版による損失は約1600万ポンドにのぼり、最終的な定期購読者は6000名のみであった。
第一次世界大戦の期間を含む1923年以前の『パンチ』のバックナンバーは、プロジェクト・グーテンベルクで閲覧可能である。

ステンシル 夢をみる
自分が小さくなって、自分の脳の中を動き回る。 最後に自分の魂に出会うみたいな。

ボリシェヴィキ(большевики: bol'sheviki、「多数派」の意)は、ロシア社会民主労働党が分裂して形成された、ウラジーミル・レーニンが率いた左派の一派。ボルシェヴィキボルシェビキとも呼称される。1917年の十月革命以前から活動していた者は特にオールド・ボリシェヴィキと呼ばれる。 ボリシェヴィキメンシェヴィキや社会革命党に比べ少数派であったが、人事と要職を握ったので「多数派」を名乗った。暴力革命を主張し、徹底した中央集権による組織統制が特徴である。その特徴は、そのまま後身であるソビエト連邦共産党へと引き継がれた。
なおドイツではボルシェヴィズムス(Bolschewismus)は第一義的にロシアの共産主義者を指し、帝政プロシアから第三帝国時代には、ドイツの社会民主主義よりさらに急進的な過激派という意味でも用いられた[1]。

Dr Enrico Mizzi
Pentecoste
ステンシル Veronica Manganeseをみつける。
Gustavs V

ステンシルにVeronicaの身上調書を渡す。
ステンシル の回想
Lanternに戸惑う。(自分の姿?)
マルタ イギリスからの独立運動で沸き立つ。
党派対立の激化
マキャベリ
ジェズイット
ステンシル ベロニカを再びみつける。
教会のPriestアメリカ合衆国へ転勤になる。

Carla Maijstral
スパイ?
Mutilation
学生がストライキを起こす。
町の緊張高まる。

今まで、読んできたピンチョンの作品の中で
おそらく、もっともキリスト教に関連した寓話がたくさん出てくる。
寓話というか、信仰を暗示するような情景が多い。

それと、欧州大陸や、アメリカにいる登場人物がマルタ島のいくというような
ところから、船にのる場面も多い。
これは、冒頭が海軍の軍人がオフになっている時にあつまるBarが登場する
ことでもわかる。

これが出世作というだけあって、
やはり、このあとの
Gravity Rainbow (マルタ島での爆撃)
Mason & Dixon (航海)
Against the day (イタリアや、サラエボ

などの大長編にそのままつながっていくような部分がある。
筆者は、かなり大きな構想をもって、作品を発表しているとも思われます。

シュールリアリズムの存在について知ったのも大きい発見だったかな。
ピンチョンの作品に出てくる、一見、突拍子もないエピソードや、
フロイドやラカンを暗示する場面などなど。
ピンチョンを、ピンチョンにしている個性だと思っていたものが、
実は、ダリをはじめとする、20世紀の前衛芸術家のグループ シュールリアリスト集団の
作品を見ていると、さほど、オリジナリティがあるようなものでもないのかもしれないという
ことがわかったこと。
YouTubeのおかげで、ダリの作品にくわしい、学芸員の講義などが聞けたのも大きい。
トマス・ピンチョン 小山太一 佐藤良明『V.(上)』|書評/対談|新潮社

 ピンチョンの『V.』を初めて読んだときのことはよく憶えている。わたしは二十五歳だった。買った本屋もよく憶えている。京都の河原町通りに善書堂という小さな書店があって、その店の奥にペーパーバックを並べている棚があった。そこでいつもミステリやらSFやら現代小説を漁っていたわたしは、あるとき偶然に、バンタム版の『V.』を手にとったのである。このバンタム版は、読んでいるうちに表紙が取れてしまい、後にピカドール版が出たときに買いなおしたため、いま手元にないのだが、そのおそらく裏表紙に、「このトマス・ピンチョンの小説がどんな作品か記述するよりも、水銀の粒に釘を打ち込む方が簡単だ」という惹句が付いていたと記憶する。この惹句、歴史に残る名コピーではないかと思う。なにしろ、その文句につられて、わたしは『V.』を読んでみる気になったのだから。読むことにしたもう一つの理由は、ピンチョンが『V.』を書いたのはその当時のわたしの年齢とほぼ同じくらいだったこと。その頃わたしは、数学者になるという当初の夢がどこかに消えてしまい、この先どこへ向かったらいいのか皆目わからなかった。そこで、この年齢の時期に人は何を考えているものか知りたくて、たとえばトルーマン・カポーティの『遠い声 遠い部屋』のような、二十代前半の作者が書いたものを読んでみようという気持ちが無意識的に働いていたようだ。
 ……そして『V.』を読んでみて、どう表現していいのかわからない妙なショックを受けた。当時のわたしの英語力では、はたしてまともに読めたのかどうかも怪しい。それでも、『V.』はわたしがそれまでに読んだどんな小説にも似ていない、ということだけはわかったのだ。

V.

V.

V.〈上〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)

V.〈上〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)