読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q'anjob'al (also Kanjobal)[2] is a Mayan language spoken primarily in Guatemala and part of Mexico. According to 1998 estimates compiled by SIL International in Ethnologue, there were approximately 77,700 native speakers, primarily in the Huehuetenango Department of Guatemala.[3] Municipalities where the Q'anjob'al language is spoken include San Juan Ixcoy (Yich K'ox), San Pedro Soloma (Tz'uluma' ), Santa Eulalia (Jolom Konob' ), Santa Cruz Barillas (Yalmotx), San Rafael La Independencia, and San Miguel Acatán (Pedro Mateo Pedro 2010).


とにかくチーズが大好きですばしっこいのが特徴。お調子者でスピーディだけに稲妻の速度で走るのが得意である。彼が登場する舞台は常にメキシコである。基本的には正義感が強く、仲間のネズミが窮地に陥ると猛スピードで駆け付け、ネコ等の外敵から何度も窮地を救っている。
最初に出演したのはロバート・マッキンソン監督のen: Cat-Tails For Twoであり、舞台はアメリカの港のメキシコの貨物船であり、絡んだのは猫のコンビで、まだデザインは赤いポロシャツに金歯、目も大きかった。1955年のフリッツ・フレレング監督のチーズはいただきより現在のデザインとなった。後述の通り、3回アカデミー賞にノミネートし、ルーニー・テューンズの人気キャラとなった。さらに1960年代初頭、バッグス・バニーやトゥィーティー等人気キャラが出演しなくなると、彼の出演作品は急激に伸びた。1965年よりダフィー・ダックと絡んでも人気は衰えず、クラシック短編の連載終了前年まで出演した。
1955年にアカデミー賞の短編アニメ賞を受賞した他に、1957年、1959年、1961年にも彼が出演した作品がノミネートしている。
絡むのは常にシルベスターであり、他にはロードランナーとコヨーテ、ダフィーダックなどがある。
また一時はヒスパニックに対する人種差別の象徴たるものとして糾弾されたこともあった。


You missed the press conference? Latest word is sometime before the Labor Day, though he probably
calls it Likud Day.

サム・ジャッフェ(Sam Jaffe、1891年3月10日 – 1984年3月24日)は、ニューヨーク市出身のアメリカ合衆国の俳優。サム・ジャフェとも表記される[2]。俳優になる前は数学教師だった[1]。

1891年、ニューヨーク市ユダヤ人の家庭に「シャロム・ジャッフェ」として生まれる。母親はイディッシュ演劇の女優でジャッフェも子役として母親と舞台に立ったことがある。ニューヨーク市立大学シティカレッジで工学を学び、コロンビア大学の大学院に進む。卒業後は数年間、数学教師として働く[1]。
1915年ころから舞台に立つようになり、1918年にはブロードウェイでも名前が知られるようになる。初の映画出演となる『恋のページェント』(1934年)でピョートル3世役に抜擢され、鮮烈な印象を残すが、その後も活動の中心は舞台であった[1]。
1947年の映画『紳士協定』(監督:エリア・カザン)以降は、映画にもしばしば出演するようになり、1950年の映画『アスファルト・ジャングル』(監督:ジョン・ヒューストン)でヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞した他、第23回アカデミー賞で助演男優賞にノミネートされる。しかし、赤狩りの影響で約7年間スクリーンから遠ざかる[1]。
1956年に女優ベティ・アッカーマン(1924年 - 2006年)と結婚。彼女とは後に人気テレビシリーズ『ベン・ケーシー』で共演する。
1984年に癌により死去。


ロシア女帝エカチェリーナ2世の半生を描き、ジョセフ・フォン・スタンバーグが監督、マレーネ・ディートリッヒが主演した。スタンバーグ監督とディートリッヒのコンビは本作で6作目となる。


レビ記』(ヘブライ語: ויקרא‎、英: Leviticus)とは旧約聖書中の一書で、伝統的に三番目に置かれてきた。モーセ五書のうちの一書。ヘブライ語では冒頭の言葉から「ワイクラー」と呼ばれるが、これは「神は呼ばれた」という意味である。内容は律法の種々の細則が大部分を占めている。
内容[編集]

内容は大きく二つに分けられる。
1章から16章および27章 - 儀式の方法、形式、清浄と不浄の規定など祭司のための規定集。
17章から26章 - 神聖法集と呼ばれるすべての民に向けた規定集。
レビ記の規定はユダヤ教における律法の核となった。
祭司の規定
献げ物に関する規定(1章〜7章)
アロンの故事とそれにちなむ祭司の聖別などの規定(8章〜10章)
清浄と不浄に関する規定(11章〜16章)
神聖法集
献げ物と動物の扱いに関する規定(17章)
厭うべき性関係に関する規定(18章)
神と人との関係におけるタブーに関する規定(19章)
死刑に関する規定(20章)
祭司の汚れに関する規定(21章)
献げ物に関する規定(22章)
祝い日に関する規定(23章)
幕屋に関する規定(24章1-9節)
神への冒涜などに関する規定(24章10-23節)
安息年とヨベルの年に関する規定(25章)
偶像崇拝の禁止と祝福と呪いに関する規定(26章)
誓いと関係する献げ物の規定(27章)
古代、ユダヤ教では『レビ記』の内容を神がシナイ山モーセに語ったことであるとみなし、律法の源泉として尊重してきた。キリスト教モーセ五書が受け継がれたとき、ユダヤ教の儀式から離れたキリスト教徒たちは、『レビ記』を「イエス・キリストの祭司職の予型」として新たに解釈しなおした上で受け入れた。このような『レビ記』解釈は『ヘブライ人への手紙』などに見ることができる。

初期[編集]
クラヴ・マガの原型となる技術は、ハンガリーで生まれスロバキアで育ったユダヤ人、イミ・リヒテンフェルド[1]によって考案された。イミはボクシング、レスリング、体操など様々な競技においてヨーロッパチャンピオンのタイトルを手にした優秀なアスリートだった。また、警察官である父は他の警官に戦闘・護身技術を指導をしており、イミは父から直接、実戦的なストリートファイトを学んでいた。イミはその技術で当時紛争状態にあった東ヨーロッパで数々の仲間の命を救い、さらにその技術を体系化してブラチスラヴァ在住のユダヤ人らに、ファシズム信奉者の暴漢らに対する防衛手段として教えていた。
イミは、イスラエル建国前にイギリス委任統治領パレスチナに移り住み、ここでユダヤ民兵組織ハガナーに近接戦闘術を教え始めた。イスラエル建国後は、クラヴ・マガとはイスラエル軍・警察に教えられる近接格闘術を指す一般名詞を意味していた。イスラエル移住後、イミは自らの姓をヘブライ語に訳し、スデ=オーと名乗った。イミは、教官として勤めていた軍から退職後は、市民への指導を開始した。こうして、一般的に知られる護身術としてのクラヴ・マガが発達した。
イスラエル国外への普及[編集]
1980年までは、クラヴ・マガのエキスパートはイスラエルだけに住んでいたが、興味を持つアメリカ人との間にて交流が始まったのが、国外への普及開始時期とされている。
1981年、6人のインストラクターは、主にユダヤ人のコミュニティセンターにてデモンストレーションのために渡米した。このことが、FBIのニューヨーク支局やトレーニングセンターでのデモンストレーションに繋がった。その結果、同年夏には、基本的なインストラクターの訓練コースに参加するため、アメリカからイスラエルへ22人が訪問する結果となった。そのコースの卒業生が帰国し、それぞれの地元でトレーニングセンターを立ち上げた。また1984年には追加の候補生がイスラエルを訪問し、インストラクターになるために1986年に再訪した。同時期、イスラエルからのインストラクターが訪米を重ねていた。
1985年よりアメリカの警察関係者向けのトレーニングが開始した。

オフェク(Ofeq[1], ヘブライ語: אופק‎、「水平線」の意)はイスラエルの偵察衛星シリーズ。1988年にオフェク1が打ち上げられ、この衛星はイスラエルが自国で打ち上げた初の衛星であり、イスラエルは世界で8番目に自国の能力で衛星を打ち上げた国となった。
オフェクシリーズはオフェク8を除き全てパルマヒム空軍基地からシャヴィトロケットによって打ち上げられている。イスラエル・エアロスペース・インダストリーズが設計・製造を行い、エルビットシステムのEl-Op部門が光学機器を提供している。

2008年の「生活の質調査」で、ヘルツリーヤは国内の15の大都市のなかで2番目についた。教育分野への支出は他のどの都市よりも多く、ほとんどの生徒がバグルートを取得する[2]。「ヘルツリーヤ学術センター」という私立大学があり、行政学経営学、法学、コンピューター工学などの学士課程が設けられている[4]。


マリーナ
国内最大手のテレビ局、映画スタジオの「ヘルツリーヤ・スタジオ」はヘルツリーヤに本社を置く。市内のマリーナ(小型船舶港湾)は1970年代に整備された。小さな空港が一箇所、ショッピングモールが三箇所、ほかにも映画館、博物館、文化センター、競技場がある。2008年にはシネマテークダウンタウンにオープンした[5]。


サルバドール・イサベリーノ・デル・サグラード・コラソン・デ・ヘスス・アジェンデ・ゴスセンス(Salvador Isabelino del Sagrado Corazón de Jesús Allende Gossens、1908年6月26日 - 1973年9月11日)は、チリの政治家。1970年から1973年まで同国大統領であった。

万策尽き、行政力も権威も失ったアジェンデは国民投票に訴えようとしたが、投票が実施される直前の9月11日に、ピノチェト将軍が陸海空軍と警察軍を率いて再度大統領官邸を襲撃した(チリ・クーデター)。アジェンデはクーデター軍と大統領警備隊の間で銃弾が飛び交う中、最後のラジオ演説を行なった後死亡した(死因については後述)。ラテンアメリカでは現在でも「9・11」というと、2001年のアメリカ同時多発テロ事件ではなく、1973年のチリ・クーデターを指す事も多い。先述のプラッツ将軍はクーデター直後の9月15日に妻とアルゼンチンに亡命するが、翌年ブエノスアイレスで車爆弾により妻とともに暗殺された。