読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーナ・ロイ(Myrna Loy, 1905年8月2日 - 1993年12月14日)は、アメリカ合衆国の女優。良妻賢母な女性役を得意とし、戦前は日本でも絶大な人気を集めた。本名はMyrna Adele Williams。


チップマンクスの活動は当初、バグダサリアンの1950年代の斬新な作品で、"デイビット・セビルとシマリス達"と言う名で始まった。"エド・サリヴァン・ショー"の舞台の間で登場し、バグダサリアンは小さな人形劇の舞台の正面で、口パクしているチップマンクと共にデイビット・セビルの台詞に口パクをした。このパペットはいくつかの45RPMレコードのカーバーのチップマンクスのイラストを元に作られていた。このキャラクター達は空前の大成功を収め、チップマンクスとデイビット・セビルは擬人化されたシマリスとして、いくつかのアニメになり、幾度かリニューアルされ、ついには映画にもなった。

1960年代に入ると、自らが熱心なカトリック教徒であり、それ以外の宗教に対して抑圧的な政策を推し進めたジェム政権に対し、南ベトナムの人口の多くを占める仏教徒による抗議行動が活発化した。1963年5月にユエで行われた反政府デモでは警察がデモ隊に発砲し死者が出るなどその規模はエスカレートし、同年6月には、仏教徒に対する抑圧を世界に知らしめるべく、事前にマスコミに対して告知をした上でサイゴン市内のアメリカ大使館前で焼身自殺をしたティック・クアン・ドック師の姿がテレビを通じて全世界に流され、衝撃を与えるとともに、国内の仏教徒の動向にも影響を与えた。
これに対してジェム大統領の実弟のゴ・ディン・ヌー秘密警察長官の妻であるマダム・ヌーが、「あんなものは単なる人間バーベキューだ」とテレビで語り、この発言に対してアメリカのケネディ大統領が激怒したと伝えられた。南ベトナムではその後も僧侶による抗議の焼身自殺が相次ぎ、これに呼応してジェム政権に対する抗議行動も盛んになった。

ピンチョンを読んでいて、よくあること。
本人の著作それ自体は、何が書いてあるのかよくわからないことが多い。
でも、書かれている内容の裏とりをやろうと思って、いろいろと調べものをしているときは
結構、興味深いことにひっかかる。
上記は、ベトナム戦争についてwikipediaに書かれている内容の一部を抜粋したもの。

人間をバーベキューにする

という表現が出てきて、印象に残っていたのですが。
どうやら、おそらくは、この「マダム・ヌー」という人のこの発言だったのではないかと思います。
ベトちゃん、ドクちゃんという話も登場したけど。
Vato & Bloodだったかな。
これ。今思ったのだが。「ベトナム」と「血液」ということか。
ベトナムでの戦争の進行についての記述も、なかなかむごたらしいものが多く、
いろいろな要因が絡んで、それ自体が、一つのジャンルになっています。
アメリカ国内で、どういう反戦運動があったのかということも、いろいろと書いてありました。

ベトナム戦争はテレビ放送が普及したのちでは最初の大規模な戦争だったので、それ以前の戦争と異なり、戦争の被害が連日テレビで報道され、戦争の悲惨さを全世界に伝えた。アメリカ国内では史上例を見ないほど草の根の反戦運動が盛り上がり、「遠いインドシナの地で何のために兵士が戦っているのか」という批判がアメリカ政府に集中した。青年層を中心にベトナム反戦運動が広がり、ヒッピーやフラワーピープルなど、カウンターカルチャーが興隆した。ベトナム戦争は、1964年にジョンソン政権下で制定された公民権法の施行を受けて、アメリカ史上初めて「黒人部隊」が組織されず、黒人と白人が同じ戦場で同等の立場で戦う戦争であったことから、ベトナム戦争が共に戦った黒人と白人の若者がそれまで完全に分け隔てられていた人種間の融和の促進剤となっているとも指摘され、この点についてキング牧師は生前「皮肉な結果である」と述べていた。作家、評論家などの文化人、俳優や女優、歌手などの芸能人による反戦運動も盛んに行われた。ボクサーの モハメド・アリは1967年にベトナム戦争に反対して、徴兵拒否(良心的兵役拒否)を行った。イギリス人歌手のジョン・レノンも、ビートルズの解散後に活動拠点を置いていたアメリカを中心に反戦活動を行った。この際に行われた「ベッド・イン」などのパフォーマンスは、マスコミも大きく取り上げ、若者への影響力が強かった[166]。女優のジェーン・フォンダは1972年に反戦活動家のトム・ヘイドンと共に「アメリカ兵のための反戦運動」と称して北ベトナムを訪れた際に、アメリカ軍機を撃墜するために設けられた高射砲に座り、北ベトナム軍のヘルメットをかぶり照準器を覗き込む写真を撮影した。これは内外のマスコミを通じて世界中に配信され、ベトナム帰還兵やその家族を中心に「裏切り者」や「売国奴」、「ハノイ・ジェーン」などと批判された。フォンダは1978年には、ベトナム帰還兵の問題をテーマにした主演映画「帰郷」(Coming Home )で、2度目のアカデミー主演女優賞を受賞している。
第二次世界大戦朝鮮戦争の戦争中や終結後の時期と異なり、ベトナム帰還兵の心理的障害が広く認識されて社会問題となり、精神医学や軍事心理学において心的外傷後ストレス障害(post traumatic stress disorder, PTSD)の研究が展開した。


舞台は、ベトナム戦争中のアメリカ。多くの若者が戦場に召集されていた。
田舎の青年、クロードもその1人。入隊前のわずかな時間を楽しむために、彼は大都会ニューヨークに立ち寄る。そこで、バーガーを初めとする自由奔放な、長髪のヒッピーグループと出会い、彼らの反社会的な生き方に呆れながらも、親交を深めていく。そして戦争に行かないよう、仲間たちから説得されるが……。
若者サイドからの強い反戦のメッセージに加えて、当時のヒッピー文化をリアルに伝える作品となっている。ラブ&ピース、ビーズ&フラワーズ、ビー・イン(Be in)と呼ばれたヒッピーたちの集会、マリファナLSDなどの麻薬によるサイケデリック体験・トリップ感覚、フリーセックス、インド精神哲学の流行(クリシュナ信仰)などがそれである。またタイトルにもなっている、Hair(髪)を長く伸ばすのも特徴だった。
原題には“The American Tribal Love-Rock Musical”というサブタイトルがあり、劇中でのヒッピー仲間のことを tribe(部族・種族) と呼んだ。
アメリカの若い俳優であるラドとラグニの2人によって作られたこの作品は、1967年ニューヨークのパブリック・シアターで上演され、評判を得て68年にブロードウェイへ進出した。以後、72年までのロングヒットランとなる。ロック音楽とミュージカルの融合という斬新さ、無軌道な若者たちが繰り広げる劇(中には全裸シーンも登場する)は十分前衛的であったが、当時のヒッピームーブメントと、長引くベトナム戦争への反戦の空気も相まって、世界各国で上演されるヒット作となった。