読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Victoria Godolphinをサポートする。

ビクトリア カトリック 牢獄

エヴァンとビクトリアの会話

放射能の崩壊 radio active decay

エヴァンとビクトリアの間柄が接近する

ボラッチョ登場

ビアガーデンが舞台になる

ごドルフィンとラファエルの世代論に入る。

ボラッチョやガウチョが、暴動のさなかで戦闘参加。

エヴァンが、父にビクトリアとの間柄を告白する

ボッティチェリの絵画を額縁からナイフで取り出す

ガウチョ 衛兵に対して、爆弾を投げる。

一同、船に乗って出発。

舞台の中心にはプロファン
図書室でTimesを読んで、失業している。
SpaceTimeEmploymentという職業仲介の会社を見つけて、職探しにいく。
面接をうける。そのときの面接官は、RachelOwlglass
夜警の仕事をすすめられる。
ウィンサムとマフィアとPigの怪しい三角関係が展開される。

人名リストのテレタイプ
乱交パーティの規格。

クロケットは下院議員時代に親交を深めたサミュエル・ヒューストンにも影響され、1836年1月14日にはテキサス暫定政府との書類に調印しテキサス革命に正式に参加、2月6日にアラモの守備のためサンアントニオに到着した。
2月23日から開始されたアラモの戦いでは指揮官ウィリアム・トラヴィスの下、教会前面の木柵の防御を担当していた。しかし、ジェームズ・ボウイの病状悪化や援軍が来なかったこともあり、3月6日にアラモは陥落した。クロケットはメキシコ大統領サンタ・アナに捕らえられ、処刑された。
イメージ[編集]
アライグマの毛皮の帽子(クロケット帽)
同時代から型破りな西部開拓地の人気者というイメージが存在し、今でも語り継がれている。
動物の皮から作られるスキン・キャップ(皮の帽子)を好んで被っていたため「クロケット帽」という帽子がある。
3歳で熊退治をしたとする伝説は歌にもなり、アメリカでは有名。

マフィア 鏡の前にいる

プロファン、雇用される。
先ほど、仕事を紹介したレイチェルが、プロファンの身の回りの世話を焼こうとする。

ベン=グリオンはダヴィド・グリューン (David Grün) としてポーランドのプロニスク(当時ロシア帝国領)で生まれた。ワルシャワ大学に在学中、東ヨーロッパでの反ユダヤ主義の流行と、ユダヤ人の虐殺(ポグロム)に衝撃を受け、彼は熱烈なシオニストおよび社会主義者としてポアレ・ツィオン運動[† 1]の指導者となった。
1929年、テルアヴィヴの家にて。ベン=グリオンの家族。左から、ダヴィド、パウラ(妻)、ダヴィドの膝の上にいるのがレナナ(末娘)、右にゲウラ(娘)、アヴィグドール・グリーン(父)、アモス(息子)。
1906年9月7日に13人の仲間と共にパレスチナのヤッフォへ移り住む[1]。パレスチナでは最初、オレンジ農業などを行っていたが、僚友イツハク・ベンツビらが参加していたハショメルHaShomer(パレスチナ入植者による自警組織)に志願し、行動するようになる。1912年にベンツビとともにイスタンブル大学で法律を学ぶためオスマン帝国イスタンブルへ移る。
彼は最初労働シオニストの新聞『アハドゥト(労働)』で編集部員として働き、政治活動を始めると共にヘブライ語の名前ベン=グリオン (דוד בן גוריון) を使い始めた[2]。この名は中世の歴史家ヨセフ・ベン・グリオン(Yosef ben Gurion)から取られた。
しかし、シオニスト会議の出席者名簿の中に2人の名前を見つけたジェマル・パシャによって、オスマン帝国統治下のパレスチナにおける政治活動を理由に、オスマン帝国を永久追放されることが決まった。拘束期間中は、学生であったこともあり、丁重に扱われたという[3]。
1915年にニューヨークに移住し、後の妻となるロシア生まれのポーラ・ムンワイスと出会う。彼らは1917年に結婚する。彼らの間には3人の子供がいた。1917年11月2日に発せられたバルフォア宣言も米国で一報を受けている。一家は第一次世界大戦後イギリスの委任統治領となったパレスチナに帰還した。
ベン=グリオンは後に、当時のパレスチナでの生活について「自力で土地を開拓しなければ、土地は我々のものにならないので、ユダヤ人の村でアラブ人が働くのは危険だと考えていた。だが、我々はそこでアラブ人と衝突したことは一度もなく、アラブ人の憎しみを買うこともなかった」と書いている[4]。

グレース ケリー の結婚式(小説の中の世界の時間が決定できる。)

1956年1月5日、婚約を発表。同年4月18日、モナコ大公宮殿にて法的な結婚式が行われた(The Civil Wedding)。翌4月19日、モナコ大聖堂(サン・ニコラ大聖堂)にて、カトリック式の挙式が行われた(The Cathedral Wedding)。これらの模様は、ヨーロッパ諸国で生中継された。女優から公妃へ、グレースの華麗な転身は世界中で人気を集め、モナコのイメージアップに多大に貢献した。

YoYodyneという企業の登場
おもちゃの製造販売から、なぜか巨大コングロマリットになるということに。
そこにパーマミュンデでドイツ軍のために機械の研究開発をしていたモードゲンという技術者がくる。

GravityRainbowですっかりおなじみの地名です。

しばらくモードゲンの話になる。
MIT Physics Demo - Barkhausen Effect | MIT Video

The Barkhausen effect is a name given to the noise in the magnetic output of a ferromagnet when the magnetizing force applied to it is changed. Discovered by German physicist Heinrich Barkhausen in 1919, it is caused by rapid changes of size of magnetic domains (similarly magnetically oriented atoms in ferromagnetic materials).

Barkhausen's work in acoustics and magnetism led to the discovery, which provided evidence that magnetization affects whole domains of a ferromagnetic material, rather than individual atoms alone. The Barkhausen effect is a series of sudden changes in the size and orientation of ferromagnetic domains, or microscopic clusters of aligned atomic magnets (spins), that occurs during a continuous process of magnetization or demagnetization. The Barkhausen effect offered direct evidence for the existence of ferromagnetic domains, which previously had been postulated theoretically. Heinrich Barkhausen discovered that a slow, smooth increase of a magnetic field applied to a piece of ferromagnetic material, such as iron, causes it to become magnetized, not continuously but in minute steps.

連合軍の通信を傍受する中で、この現象を発見したみたいな。
おそらくジョーク。
どうやらモードゲンはこの現象に関連する作業をやっていたっぽい。
それを屋根裏でやっていた。
ところが、よそ見をして、転げ落ちたりしている。

南西アフリカ領土の話になる。
VanWijkが登場する。

ボーア人という名称が。

19世紀のアフリカーナーの歴史はアフリカに勢力を伸ばしたイギリスとの対立が主要な矛盾となった。フランス革命戦争中の1795年にオランダ領だったケープ植民地がイギリスに占領され、1799年12月31日にオランダ東インド会社がオランダ本国を占領したフランスによって解散させられると、ケープ植民地で農業に従事していた植民者たちは帰る故国を失ってしまった[9]。また、イギリスによる占領以後、イギリスからの移民がアフリカ南部に流入し、とりわけ1820年にはイギリス政府からの補助金を得たイギリス人が多数入植した[10]。更に、イギリスによるケープ領有後、イギリス国内のキリスト教人道主義者による奴隷制度廃止運動の成果もあって、イギリスは1828年に第50法令でブッシュマンを始めとするカラードに白人と対等の権利を与え、1833年には奴隷廃止法を可決し、1834年12月1日にケープ植民地内の奴隷は解放された[11]。イギリス統治下で英語が公用語となると、アフリカーナーは英語に不得手だったためにイギリス当局から二級市民扱いされた。

フォップルさんという豪農(?)の邸宅でパーティ
途中、Veraという女性とダンスする。
そのときにフォップルの家のプラネタリウムとかが登場する。
Weismann登場。

生前のマルクスエンゲルスと直接意見交換する機会を持つばかりか、エンゲルスの死後にはマルクスの遺稿の整理・編集の仕事を引き継ぎ、『経済学批判への序説』(『経済学批判要綱』の一部)、『剰余価値学説史』、『資本論・民衆版』を編集・刊行した。また、ベーベルやベルンシュタインなどと綱領策定に関わったことから、マルクス主義理論の正統的な後継者の地位を確立。自ら編集主幹を務めた「Die Neue Zeit」を足場として、社会主義の最も重要で影響力のある理論家の一人となりマルクス主義の法王と渾名された。
ベルンシュタインとは大学時代からの知り合いでマルクス主義者となったのも彼の影響だったが、1890年代半ば以降ベルンシュタインが打ち出した修正主義が党内に台頭していくと、『農業問題』(1899年)、『ベルンシュタインと社会民主主義の綱領』(1899年)などの著作で修正主義の一連の主張に反論した。 一方で、1910年代に入って盛んとなったローザ・ルクセンブルクやカール・リープクネヒトなど左派の側に対しても批判を行い、1918年には『プロレタリアートの独裁』でソヴィエト社会主義政権を一党独裁であると非難し、民主主義による社会主義の実現を主張した(それに対してレーニンは『プロレタリア革命と背教者カウツキー』(1918年)で彼を「背教者」や「ユダ」などと激しく罵倒し、『国家と革命』第6章でブルジョア政府への入閣を一時的例外的手段として認めた第二インターナショナルの「伸縮自在決議」を例に挙げてその議会主義を日和見主義と批判した)この他、『資本論解説』(1887年)、『近代社会主義の先駆者たち』(1895年)、『倫理と唯物史観』(1906年)、『キリスト教の起源』(1908年)、『権力への道』(1909年)、優生学についても語るなど、極めて多方面の文筆活動を行った。

Hereros 1904年の虐殺。
フォップル、原住民の虐殺の仕方を提案。(絞首刑)

原書のページごとにポイントになりそうなところをメモしながら、
あらすじを書いているが。
そもそもあらすじになっているのでしょうか。これは。

なにか、ストーリーというものがあるのでしょうか。

だから、出版されて50年経過しても、研究されているのでしょうが。

今回の箇所はGravityRainbowでも頻繁に登場する話題がぽんぽん出てきたことに特徴ありかな。
パーマミュんでがここで出てくるとはね。