読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムッソリーニ

1901年に師範学校を優等な成績で卒業、政府より教員免状を付与される[7][8]。イタリア最大の川であるポー川のほとりにあるグァルティエリという町の小学校教師の職に就くが、狭い地方に閉じこもるのに嫌気が差して退職し、スイスに出る[6]。スイスでは石切職人や左官屋として働いたが、一時は浮浪者にもなった。スイス時代の不安定な生活のなか、ジョルジュ・ソレルやシャルル・ペギー、ヴィルフレド・パレート、フリードリヒ・ニーチェ、エルネスト・ルナン、ギュスターヴ・ル・ボンらの思想を学び、政治への関心を高めていった[14]。特にソレルの思想には多大な影響を受け、後に「ファシズムの精神的指導者」「私の師」「私自身はソレルに最も負ってる」とまで賞賛している[6][15][16]。
またスイスに亡命していたウラジーミル・レーニンやレーニンの秘書アンジェリカ・バラバーノフらと出会い、親交を深めた[17]。レーニンからドイツ語やフランス語を学んだ(のちにレーニンはベニートを「イタリアで唯一革命を指導できる人物」と賞賛し、後年のムッソリーニもレーニンを「優れたオーケストラの指揮者」と高く評価した)。ムッソリーニは本格的に政治運動へのめり込み、スイスのイタリア語圏で労働運動に加わった[18]。1903年に起きた大規模なゼネストに参加してスイス警察にマークされ[19]、1904年、ローザンヌ市滞在中に書類偽造の容疑で拘束、国外追放処分を受ける[18]。

マルタ島

エジプト遠征途上のナポレオン・ボナパルトによって占領されるが、その没落後はイギリス支配下にあり、地中海を経由してインドにいたるルート上に位置することから重要視されていた。特に第二次世界大戦中にはエジプトへの連合国側の輸送路の途上にあり、またイギリス海軍の拠点としてイタリアと北アフリカとを結ぶ枢軸国側の輸送路を脅かす存在となったために空襲に晒されたが(第二次マルタ包囲戦)、ついに陥落することはなかった。戦時下の国民の努力と忍耐を讃え、ジョージ6世は「マルタの国と国民全て」を対象に「ジョージ十字勲章」を授与した。戦後、反英抵抗運動、独立闘争では、後の第三代大統領となるアガサ・バーバラらが活躍。1964年、英連邦王国マルタ国としてイギリスから独立し、さらに1974年12月13日には、イギリス連邦内のマルタ共和国となった。2004年5月1日に欧州連合 (EU) に加盟した。

Bad Priest
空襲の場面がよく出てきます。
飛行機が爆弾を落としているのに、登場人物はワインを飲んでいるみたいな。