読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Elena 爆撃を受け、負傷。
救急車で搬送されているときに、直で爆撃で死亡。

Priestの正体が明らかになる。(機械仕掛けの人形?)

Extreme unction

Definition: Extreme Unction is another term, very common in past centuries but rarely used today, for one of the seven sacraments, the Sacrament of the Anointing of the Sick, which is administered both to the dying and to those who are gravely ill or are about to undergo a serious operation, for the recovery of their health and for spiritual strength.

navel as chalice

正教会の聖体礼儀において用いられる金属製の杯。イイスス・ハリストス(イエス・キリストの現代ギリシャ語・スラヴ語読み)の聖体・尊血となるパンと葡萄酒がここに入れられる。西方教会の聖杯(カリス、チャリスとも)に相当する。

partyの場面
V-noteの中
liguorium
David Riesman

比較文化論、精神分析学、歴史学研究法、社会調査などを駆使し社会学の観点から「豊かな社会」とそこに生きる人間像を写し出した社会学者。
代表的な著作『孤独な群衆』(1950年)において、現代社会に支配的な社会的性格を「他人指向型」と規定し、“工業化に成功し、豊かさと利便さに浸った都市生活を享受するアメリカ人の想像力の枯渇と砂をかむようなむなしさ、そして資源と時間の浪費、偽りの人格化、欲求不満と阻害といった特徴を持つ”と表現した。また、「他者指向型」と「伝統指向型」「内部指向型」との社会的性格の対比も論じた。また、政治では権力が政治・軍事・財界のトップに集中するということを論じた。

Ezra Weston Loomis Pound

戦争終結間近、パウンドはパリ郊外のアメリカ合衆国陸軍拘留キャンプに投獄され、25日間にわたり開放獄舎に留置された後、テントを与えられた。ここで彼は精神衰弱であったと看做された。このキャンプで彼は、『ピザン・キャントウズ』(Pisan Cantos)の草稿を書いた。進行中の作品『キャントウズ』のこの部分はパウンドの業績における転換点になっており、彼自身及びヨーロッパの崩壊と、自然界における彼の居場所とについての省察を加えていて、英語で書かれた最初の生態学的詩作品に属すると考えられている。『ピザン・キャントウズ』は、1948年に、アメリカ議会図書館から第一回ボーリンゲン賞 (Bollingen Prize) を受賞した

荒地[編集]
1921年に初稿を執筆。エズラ・パウンドの助言により、エピグラフコンラッド『闇の奥』の引用)の変更や、エピソードの削除等を行った。
フレイザー金枝篇』の聖杯伝説を骨格として、聖書、ダンテ、シェイクスピアなどの引用を散りばめ、意識の流れの手法も用いて、第一次世界大戦後の荒廃した世界と救済への予兆を描きだした。末尾にはサンスクリット語も使用され、インド思想の影響も指摘されている。
1922年に文芸誌に発表。433行の難解な詩であり、中々理解されなかったが、1930年代になってF・R・リーヴィスらに評価されるようになった。


エステルが妊娠する。

Francis James Westbrook Pegler (August 2, 1894 – June 24, 1969) was an American journalist and writer. He was a popular columnist in the 1930s and 1940s famed for his opposition to the New Deal and labor unions. Pegler criticized every president from Herbert Hoover to FDR ("moosejaw") to Harry Truman ("a thin-lipped hater") to John F. Kennedy. He also criticized the Supreme Court, the tax system, and labor unions. In 1962, he lost his contract with King Features Syndicate, owned by the Hearst Corporation, after he started criticizing Hearst executives. His late writing appeared sporadically in publications that included the John Birch Society's American Opinion.[1]

Roul 放送作家
Slab 画家
Melvin 売れない歌手
Winsome 飛び降り自殺を試すが失敗。
警察に隔離される。
飛行場の場面。

カメラが入る。
Mafia Fu 逮捕  disturbing the peace

マレンコフは、ロシアのオレンブルク州でマケドニア人移民のもとに生まれた。国立モスクワ高等工業学校出身。1919年には、赤軍の政治将校になっている。その1年後には、共産党に正式に加入し、スターリンの腹心の一人となった。
1930年代後半には、ラヴレンチー・ベリヤとともにスターリンの大粛清に加担し、その功で1939年3月に党中央委員会書記となり、1941年には政治局員候補となった。たが、その後ベリヤとは政敵になった。
1941年6月、独ソ戦が開始されると国家防衛委員会の委員となり、各戦線の戦力の組織化に尽力した。
第二次世界大戦後の1946年、党中央委員会政治局の正局員に昇進し、また1947年に閣僚会議副議長(副首相)となった。その後政敵であったアンドレイ・ジダーノフやベリヤによって追い落とされたが、ジダーノフの失脚によりすぐにスターリンの腹心に戻った。ベリヤはマレンコフの傘下に入り、彼らは「レニングラード事件」なるものを捏造し、ジダーノフの同調者をすべて強制労働収容所に追放した。

フルシチョフ

ソビエト連邦の政治家、同国の第4代最高指導者。ソビエト連邦共産党中央委員会第一書記と閣僚会議議長(首相)を兼務した。民族的にはウクライナ人[1]。
ヨシフ・スターリンの死後、スターリン批判によってその独裁と恐怖政治を世界に暴露し、非スターリン化に基づく、自由化の諸潮流をもたらした。対外的には、アメリカ合衆国を中心とする西側陣営と平和共存を図り、核実験を抑制しようとした。一方で中華人民共和国およびアルバニアと激しく対立し、またハンガリー動乱に際し軍事介入を行うなど社会主義国同士の紛争が目立った。

レイチェルの目覚まし時計が夜中になって、プロファンがおこる。
Soap Opera
Hiroshimaという電気工学技術者が登場する。

初期はクロード・ドビュッシーらと親交を持ち、後期ロマン派や印象主義の影響を受けた作品を書いていた。しかし、その後初期作品の全てを廃棄し、残っていた草稿も後に火災により焼失したが、1908年に作曲した交響詩『ブルゴーニュ』は1962年に破棄するまで手元に残していた。その後イタリア未来派、フェルッチョ・ブゾーニイーゴリ・ストラヴィンスキーの影響を受け、『アメリカ』(1920年)以降、打楽器を多用した作品を多数発表。第二次世界大戦以降は電子音楽も取り入れた。

イヨネスコは平凡な日常を滑稽に描きつつ、人間の孤独性や存在の無意味さを鮮やかに描き出した。こうした(しばしば「不条理」と呼ばれる)世界観はイヨネスコのみならず、二度の世界大戦を経験した同世代のサルトルカミュなどの作品にも見いだされる。しかし、彼らがこうした世界観を論じる文学的言説が、あくまで明晰さや論理性を重視したのに対し、イヨネスコやベケットにおいてはその言語自体が問い直されることとなった。

『渇きと飢え』からはじまる後期の作品において、イヨネスコは自らの過去と夢に多くの題材をもとめた。ユング心理学に傾倒していたイヨネスコは、精神分析医の勧めによって夢の記述を始め、1960年代後半から発表された日記風エッセーに自分の見た夢を数多く記している。『スーツケースを持つ男』や『死者のもとへの旅』には、これら過去の日記や夢から転載された場面[10]も多く見られる。そこには、父親との葛藤、母親への思慕と罪悪感、友人アダモフとの喧嘩別れなどが、次々と描き出される。こうして晩年の演劇作品からは、初期の喜劇性がすっかり姿を消し、自伝的要素が演劇世界を満たすこととなった。イヨネスコはアイデンティティーを求めて彷徨い続ける自分自身の姿を、現実と創作、夢と幻想、現在と過去の間に明確な線引きをすることなく、舞台上に投影したのである。
このように、イヨネスコは既存の演劇を成立させるのに不可欠とされていた諸概念を突き崩したといえる。明確な筋書きの欠如、視覚的要素の重視、レアリスムの拒否、理論的言語の否定といった特徴を持つ彼の演劇作品は、戦後の舞台に新しい息吹を与えたのである。

all electric woman登場

マタ ハリも出てくる。
ショパンの義手
マルタ島

窓が開かない