読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wikipedia:Daffy Duck

Daffy first appeared in Porky's Duck Hunt, released on April 17, 1937. The cartoon was directed by Tex Avery and animated by Bob Clampett. Porky's Duck Hunt is a standard hunter/prey pairing for which Leon Schlesinger's studio was famous, but Daffy (barely more than an unnamed bit player in this short) was something new to moviegoers: an assertive, completely unrestrained, combative protagonist. Clampett later recalled:
"At that time, audiences weren't accustomed to seeing a cartoon character do these things. And so, when it hit the theaters it was an explosion. People would leave the theaters talking about this daffy duck."[3]

物語とセラピー[編集]
物語という概念は、ナラティヴセラピーを考える上で鍵となるものである。私たちは過去の体験を語るとき、それは巧拙を問わず「物語」として語る。また他人の経験も「物語」として把握する。さらに人は物語」を演じることによって人生を生きているともいえる。また、古典的な精神分析などにおいては物語は解釈である。
フロイト派もユング派も、かつての精神療法は、治療者はクライエントの一段上に立っており、間違った物語に囚われている患者を、治療者が正しい物語へと導く、という進展が一般的であった。しかし、社会構成主義によれば、どのような物語になるかは平等な主体どうしの主観の持ち方、すなわち「ものの見方」の問題であり、「正しい」物語も「間違った」物語もなく、ましてやどのような主観にも依拠しない「客観的な」立場から見た解釈や物語も存在しない、ということになる。
治療者と被治療者の平等[編集]
そもそも患者のことをクライエントと呼ぶようになったこと自体、治療する者とされる者は人間として平等で対等であるという認識に基づく。よって、治療者の役割はクライエントとの対話によって新しい物語を創造することとなり、セラピーの目標は、問題を解決することではなく、新しい物語・解釈による新しい意味を発生させることによって、問題を問題でなくしてしまう、ということに置かれる。
また、治療者の持つべきスタンスも、「病める人々や社会を救いたい」という正義感ではなく、「患者を治す」といった昔ながらの「医は仁術」的な使命感でもなく、愛や親切でもなく、目の前にいるクライエントに対する好奇心である、とされる。